AWSソリューション

クラウド(AWS)+TIS長野 が貴社に貢献できること

Amazon Web Services(AWS)は、Amazonが提供するクラウドサービスとして、企業や組織のより迅速な活動や、ITコスト削減、アプリケーション拡張を実現するために役立つ、幅広いコンピューティング、ストレージ、データベース、分析ツール、アプリケーション、デプロイサービスを提供しています。

TIS長野株式会社では、これまで培った豊富なクラウド導入実績と高いインフラ技術力により、貴社におけるクラウド(AWS)導入をあらゆる側面からサポート致します!
また、TIS株式会社は、国内に5社のみ「AWSプレミアコンサルティングパートナー」 として認定されており、AWS導入に向けたご相談から、特性に合わせたITインフラの最適配置を、検討段階から移行・構築・運用までワンストップで実現します。

  •     ●移行 :オンプレミス⇒クラウドへのサーバ・システム移行
  •     ●構築 :クラウド上で、様々な形態のシステム構築
  •     ●運用 :クラウド上で、適切な運用サービス


移行


計画策定・移行、お任せください!

最適な移行計画を策定し、堅実なAWSクラウド移行を実現致します。


主要サーバ、業務システムをAWSへ移行

▶移行例:ハイブリッド型による移行について

AWSを利用する上で、最もレスポンス等に影響が出るのはネットワーク回線です。主要サーバ、業務システムを移行する際には専用線+Amazon DirectConnectを用いてネットワーク回線の高速化を実施します。また、ミッションクリティカルなシステムやサーバにおいては、AWSだけでは不安を感じるお客様も多く、オンプレミスに待機系サーバを準備し、レプリケーションを設定することで、AWSに接続できない等の不具合が発生した場合にもシステムを止めることなくご利用頂けるハイブリッド環境をご提供することも可能です。


構築


AWS環境を活用しませんか?

▶構築例:AWS+BI導入について

ビッグデータや大量データの高速処理に優れたAWSだからこそできる、AWSを活用したBIをご提供致します。BIとしては、利用用途に応じてOSS(オープン・ソース・ソフトウェア)で無償で利用可能な「Pentaho(ペンタホ)」と「Re:Dash(リ・ダッシュ)」をご提案させて頂くことが可能です。AWS上でBIを実現するにあたっての基本的なデータの流れを以下でご紹介します。

ETL(データ収集&加工)とBIという2つ機能を有しています。ETLにおいては、様々なデータソースからデータを収集でき、BI用のデータを作成可能です。BIにおいては、商用BI製品と同等の機能(OLAP、レポーティング、ダッシュボード等)を提供可能です。
ダッシュボード作成に特化したツールです。様々なデータベース、多種多様なグラフに対応しており、Re:dashを活用することで、視覚的に状況判断を行うことが可能です。


運用


システム運用もお任せください!

システム稼働後の運用もお任せください。TISの提供するマネージドサービス「MOTHER(マザー)」ではプラットフォーム管理、障害監視、性能分析、運用自動化など、月額で様々なサービスをご用意しています。

※TIS長野の請求代行サービスをご利用いただく事が条件となります。
   ご加入いただければ、「プラットフォーム管理サービス」機能を無償でお使いいただけます。


日本円・請求書払いでご利用が可能

▶AWS請求代行サービスとは

AWSクラウドサービスは、ドル・カード払いが基本となります。TIS長野経由でご利用していただければ、通常業務通り、「日本円&請求書払い」にてお支払いただけます。
※本サービスをご利用の場合は、10%の事務代行手数料が発生します。


「とりあえず、やってみる」 が可能なのがクラウド(AWS)です!

▶AWSの特長:初期投資不要、必要な時に必要なだけ


お問い合わせ・資料請求

TEL:0263-26-5250
E-mail:cloud_nagano@tis-n.co.jp
AWS推進グループまで


↑ PAGE TOP